桶胴太鼓キットつくり


リストマーク

桶胴太鼓キット組み立て。その工程を写真で紹介します。

キット提供:手久野太鼓|閉鎖中|。

 

リストマーク

キット内容

1.リング革
2.胴板
3.調べ緒
4.バチ

キット内容

 

仮組み付け状態

仮組み付け状態

 

用意したもの:
サンドペーパー 、紙の筒、布テープ、木工ボンド 、荷造りバンド
木片、バケツ、水、雑巾、アルミテープ、レザー風シート

 

 

リストマーク

1.胴板内側サンドペーパーがけ

胴板の外側はあとで処理することにして、まずは内側にサンドペーパーをかける。
ありあわせの硬い紙筒にサンドペーパーをまいてこすりました。
素手で触れてすべすべなのが感じられるまで。

 

胴板内側サンドペーパーがけ

 

 

 

リストマーク

2.胴板端そろえ

胴板に接着剤を塗る前に歌口面をそろえることにしました。
写真上部の黒い部分はドアです。まっすぐな所が思いつかなかったので、最初から胴板に貼ってあったテープをはがして板の端をドアに当てて板の端っこをまっすぐに。
写真下側はテープを貼った所。

キットでは端っこはほとんどそろっていたのですが、一部少しずれていたための修正です。
これをしておけばあとの歌口面加工が楽だと思います。

 

胴板端そろえ

 

 

 

リストマーク

3.内側合わせ目に接着剤を

胴板内側部分。接着面に木工ボンドを塗っている所。
隙間を作らないために多めに塗っています。

 

内側合わせ目に接着剤を

 

 

ページトップ

 

リストマーク

4.胴板を筒状に

接着剤を塗った胴板を丸めて筒にしたところ。
表に貼ったガムテープのおかげで作業が!楽!

 

 胴板を筒状に

 

 

 

リストマーク

5.胴の締め付け

今回はガムテープで円く止めた後荷造りのバンドをかけて締め付けました。
桶胴の胴つくりページのように荷締めバンドで締めた方がきっちりしまると思います。

 

胴の締め付け

 

 

 

リストマーク

6.はみ出た接着剤除去

胴板を丸く組み上げて締め上げたら接着剤が盛り上がっています。
水をたっぷり含ませた雑巾で余った接着剤をふき取りました。

 

はみ出た接着剤除去

 

 

 

リストマーク

7.歌口整形

胴が乾燥したら歌口をサンドペーパーで整形。
目の粗いサンドペーパーを板切れに巻きつけて角を落とすように根気よくこすります。
板の厚さが1cmだったので写真のような厚さまでにしました。
皆さんは、角度は林田ひろゆきさんのHPにある情報を参考にしたらよいでしょう。
201月HPリニューアルでこの内容は削除された模様です。|

 

歌口整形

 

 

 

リストマーク

8.歌口面を平らに

今度は面を平に。
サンドペーパーを円周の3箇所にあたるように置いて胴を円周方向に回してこすりました。

 

歌口面を平らに

 

 

ページトップ

 

リストマーク

9.胴内側にアルミテープ

補強をかねて胴の内側に幅広のアルミテープを貼ってみました。

 

胴内側にアルミテープ

 

 

 

リストマーク

10.胴に丸み

胴を締めてあったバンドをはずして。
胴の角をサンドペーパーである程度滑らかにしました。

 

胴に丸みを

 

 

 

リストマーク

11.胴にシール

今回は手軽に早くということでシールを貼りました。
100均で買ったレザー風シート?シール?。
縦の長さがちょうど45cmでおあつらえ向きでした。
2枚半くらい貼った。

これで桶胴太鼓キットの胴の組み立てが終わりました。
後はリング革を調緒で胴に組むだけです。

 

胴にシールを

 

 

 

リストマーク

12.完成

完成写真です。

調緒を胴に組む過程を載せようかどうしようか迷いました。
私自身、桶胴ワークショップ(講習会)や教則ビデオやDVDで覚えたのですが、それゆえに講師の方々の許可を頂かないとダメなんじゃないかと。
というわけで組み込みの過程は載せません。
教則ビデオやDVD(桶太鼓”虎の巻”)についてはこのサイトの教則本、教則ビデオ、本などのぺーじをご覧ください。

 

完成

 

リストマーク

 

 

Since2007/08/22